小さな子供同士のトラブル

小さな子供同士のトラブル

毎日している育児では悩みは付き物です。社会の第一歩となる友達関係もまた、育児を行うお母さんは悩み苦しむことでしょう。乳幼児の頃には、家庭に自分と子どもだけで暮らしていてもあまり気に掛かることはないでしょう。

 

ですが子どもが活発になると、同年代のお友達と一緒に過ごす時間も必要になります。公園やサークルなどに出かけていっても、何らかのトラブルの原因になる可能性もあります。社会生活の第一歩となる幼稚園、保育園の入園時には、親としては心配でたまらない気持ちになります。

 

泣いたり嫌がったりトラブルを起こしたりするたびに、我が子が上手くやっていけるのかと不安を感じるでしょう。しかしながら、大人より子どもについては順応していく能力があるので、大抵の場合は放って置いても馴染んでいきます。しかし、手が出てしまうこともありますし、けがをさせるような問題というのは有り得ます。

 

ただしそれも起きてしまうことはあります。まだ小さな子どもにしてみれば、自分がやりたいことが全ての行動の決め手になるのです。他人のことを気遣えるようになるのは、小学生でも中学年以上になってからでしょう。これ以外にも、大人サイドにおける人間関係というのも頭を悩ませる原因になる場合もあります。

 

「公園デビュー」とまで騒がれるほど、新しい付き合いは子育て中のお母さんにとって大きな問題であると言えるでしょう。大人同士の友人関係に関しては、子どもと違ってたくさんの要素が複雑に絡み合っているので、さらに複雑になってしまうこともあるでしょう。

 

もしも友達関係で悩みを抱えるようになったら、辛抱する必要はありません。自分にとって心地いい距離を保つ、他の人で友達になれそうな人を探すなど、方向を変えてみましょう。

 

育児に苦労したママたちがお薦めする育児本はこちら

 


○今の大学受験ってやり方次第で偏差値より上の大学に入れちゃったりするんですよ。多くの受験生は勉強法が間違えているんですよね。