離乳食

離乳食について

赤ちゃんはあっという間に成長し、成長段階に応じて育児の中身も変化していきます。生まれてから数ヶ月が過ぎると、赤ちゃんは授乳にとどまらず離乳食が始まります。

 

離乳食についても、育児では大きな悩みとなることがあります。一般的な悩みを挙げると、離乳食に嫌悪感を示す、食べている時に集中していない、赤ちゃんに最適な離乳食がわからないなどです。

 

離乳食は、ペースト状にすりつぶしたおかゆをスプーン1杯分だけ食べさせてみましょう。しかし、初めて離乳食を食べる赤ちゃんは、飲み込むことは容易ではありません。口の中に入れたとしても舌で無理矢理出そうとします。

 

これは赤ちゃんには多い行動で、徐々に慣れてきちんと食べるようになります。赤ちゃんによって食べる量も違うので、育児書に載っている量に満たなくても、逆に目安量では足りないという赤ちゃんについても心配無用です。

 

離乳食初期は食べる練習の時期ですから、まだ欲しがるだけ母乳やミルクを飲ませます。離乳食初期では栄養を食べて摂る必要はなく、食べることに慣れさせる、食事にまつわる楽しみを教えることです。

 

食べる量は少しずつ増えていくようであれば余裕を持って接しましょう。離乳食を根気強く続けていると遊びながら食べるようになります。これも成長していく上で避けては通れないことで、食べること以外に興味を持ったりするので、ご飯のことだけに集中できなくなってしまうのです。

 

長い時間かけて遊びながら食べている状態は、母親としてはイライラしてしまいがちです。遊び食べに入った時には、30分を目安に声をかけて、食事を切り上げてしまいましょう。

 

育児に苦労したママたちがお薦めする育児本はこちら

 


○いい加減英語くらいできないとヤバいと思っていろいろやってみたのですが結果このやり方が一番自分にあっていました。