赤ちゃんの言葉の発達

赤ちゃんの言葉の発達

育児中の悩み事で毎日自然と気にしてしまうことに、子どもの言葉の発達が挙げられます。育児をしている真っ最中のお母さんの会話中でも、今どれくらい会話できるか確認し合ったりもするでしょう。

 

他の子はもっと多くの言葉が話せると分かると、自分の子はうまく発達できていないのではないか、なんらかの問題が生じているのではと思い悩むお母さんもいます。子どもの言葉の初期段階は、赤ちゃん喃語という特別な言葉から話していきます。

 

これは特に意味を持ったものではなく、喉の奥や唇を使って出る音のことで、「クー」や「バブバブ」などです。次の段階に進むと、簡単なワンワンやブーブーなどといった言葉を解するようになります。

 

1歳半〜2歳頃になると、早い時期から言葉を発している子は二語文を喋りだす子もいます。そうは言っても、これらはしょせん平均の値です。自分からすすんで言葉を発しなくても、お母さんの話す内容はよく理解している子どももいます。

 

たくさん言葉を聞いて、自分の中にストックしておいて突然にしゃべる子も多いようです。言葉の発達に関しても、個々の状況や性格などで異なります。他の子が話すのを聞いて善し悪しを判断したり気にしたりするのは、有意義とは言えないでしょう。

 

育児をしている中でお母さんが悩んでばかりいると、子供はお母さんの様子に敏感なので、それを察して問題なくできるはずだったことができなくなってしまうこともあります。ですが、実際に言葉の遅れが生じることもあります。

 

耳が不自由であったり、なんらかの原因があることもないとは言い切れないのです。子どもの言葉の成長度合いについて気になって悩んでいるのであれば、思い切って保健センターや小児科医に相談してもいいでしょう。

 

○アウトソーシングに関わるビジネスを立ち上げるために社会保険労務士の資格をとりました。参考にしたいのはこのページです。