幼児 英語教育

幼児から英語教育

幼児教育の中でもママたちに人気があるものに英語があります。最近はグローバル化や日本経済の不透明感もあってか、さらに人気がでているそうです。

 

確かに5歳頃までの子供はどんな音でも聴き取れるので、大人になってからよりも英語を理解しやすい可能性はありません。これは日本語と英語の周波数の違いからきています。

 

大人になると日本語の周波数に耳が慣れてしまい英語を聴いても「何を言っているのかわからない」状況になってしまいます。しかしまだ日本語の周波数に慣れきっていない乳幼児なら英語もそのまま聴き取れるという理屈です。

 

とはいえ小さな子どもに一方的に英語のDVDを見せたりCDを聞かせておくのはマイナスになることもあるようです。というのは言葉は何らかの体験と一緒に覚えるからです。

 

なので幼児向けの英語教室では体を動かしながら英語を使うタイプのところが多いのですね。

 

それから子供に英語を勉強させたいならママも一緒に勉強してみることも有効です。例えばエブリデイイングリッシュのような教材をママが聴いていれば、子供も口真似をして英語に親しんでいくことがあります。これなら母親との時間を共有しながら英語に触れられますね。